Pocket

こんにちは。あしとです。

禁煙に向けて、着々と電子たばこ生活に・・・。
なんてことはなく、今でも手巻きたばこが美味しい今日この頃。

とはいえ、職場では喫煙しにくくなっているので、たばこ臭くない電子たばこを併用しています。
普段はこちら、
ploomtech互換機を、amazonで買いました。

充電中の写真がこちら

Ploomtechっぽいので、吸っていても何も突っ込まれないのがいい。
でも、少し煙がすくないかなあ。
リキッドがほとんど減らないので、かなりの節約になるのはいいのですが、何か物足りない感じ。

iStick picoを買ってみた

で、もっと爆煙タイプを買ってみようと思い、購入したのがこちら

販売しているお店情報はこちら
>>スターターキット:Eleaf iStick Pico Kit

ちなみに、上記リンク先のものは、日本語の説明書やリキッド、Samsungのバッテリーなどが入ったスターターキットです。
最近のことですが、欧米で電子たばこの爆発事故がありました。
リチウムイオン電池のせいかは知りませんし、改造していたのかも不明ですが、ちょっと怖くないですか?

amazonで安く買うか、日本の企業が仕入れて販売しているものを買うか。
もしものための保険として、上記のような専門店を利用し、定期購入するのも一つの方法かと思います。

私は、多分amazonやら海外通販やらで、たくさん痛い目に合っていこうと思います。
何事も経験ですから。

分解して、組み立てた

とりあえず、分解してみました。

一番右が本体です。緑の円筒状のものがバッテリー。
バッテリーは、マイナス端子が上にくるように入れます。

次は、アトマイザーです。
本体の左、金属の突起部分がコイルになります。
このコイルも交換できます。
抵抗値がどうとか、小難しいことはこれから勉強します。

アトマイザーを組み立てます。
コイルが付いていて、電気を通すと熱くなる部分に、リキッドを入れるタンクをかぶせる感じです。

リキッド注入!

吸い口(ドリップチップと言うらしい)を装着

アトマイザーを本体と合体します。

すべてがねじ式になっていますので、わりと簡単に分解・組み立てができました。
しかし、設定が難しすぎてよくわかりません。
ちゃんと使うには、もっと勉強しないといけませんね。

ちなみに、私が iStick pico を選んだ理由を書いておくと、

  1. 電池が汎用の18650リチウム電池
  2. 510規格でアトマイザーの選択肢が多い
  3. コイルの抵抗値やら、電流など詳細な設定ができる

まず、バッテリーは必ず劣化していきますので、電池交換できるものを選びたいなと。
乾電池ほどは普通に買えないけど、18650電池でネット検索すれば、普通に買えますし。

510規格のアトマイザーを替えられるのもポイントの一つ。
ここは消耗品ですし、必ず追加で買っていくことになると思うんです。
そんなことにこだわり始めたら、泥沼にハマっていきそうな気も・・・。

最後のポイントは、いろいろな設定ができるらしいんです。
節約モードか爆煙モードか。
そうした設定によって、同じリキッドでも味が違うとかなんとか。

ちょっと、ガジェット好き男子なら、わくわくしませんか???

「最近、よく荷物が届くわね。
何を買っているの?
どこにそんな小遣いが・・・・」

とか嫁に言われながら、自分なりの設定を見つける旅が始まります。
ああ、せめて子供たちがパパの味方になってくれたらいいのに。