Pocket

こんにちは。あしとです。

とうとう買いました。
WEECKE ヒーティングチューブ スペーサー C-Vapor3 & 2用です。
Amazonでポチっと買っちゃいました。しかも10個×2セット。

ヴェポライザーへのシャグ(たばこ葉)詰めは、手だけでは結構面倒なんです。
かといって、ピンセットなどの道具を持ち運ぶのもめんどくさい。
以前は、両切りタバコを作って、6等分に切断するなどして持ち運んでいました。

参考記事
>>ヴェポライザーで、シャグとリキッドを使う4つの方法

しかし、まず見た目が悪い・・・。
タバコを切断したものをジップロックに入れてあり、しかもリキッドが染み出ている。
あきらかに怪しい!

ほんとうは、ホームセンターでアルミパイプとか買ってきて、DIYしようと思ったんだけど。
タダのパイプならたくさん売っているけど、網付きなんてないし、そんな加工技術もない!

じゃあ、買っちゃえ!
ということで買いましたが、買って正解でした。

購入したヒーティングチューブスペーサーの基本的な使い方や気づいた点と、
それを持ち運ぶために買ったものを紹介していこうと思います。

基本的な使い方

購入したスペーサーにシャグ(たばこ葉)を詰めます。
いつも手巻きたばこで吸っているゴールデンバージニアというシャグになります。

この弾ごとヴェポライザーに入れて喫煙します。(スペーサーごと温める感じ)

次の喫煙の時に、弾を入れ替えたらいいのでらくちんです。

ただし、間違っても吸い終わってすぐに取り出さないでください。
めっちゃ熱いです!(当たり前)

で、吸い終わったあとを見てみるとこんな感じです。

ヒーティングチューブスペーサーから、ポンとシャグが出てくれます。
かき出さなくていいなんて、めっちゃ便利!
最悪、下のほうが網になっているので フッと吹いてやれば飛び出します。

ただし、リキッドの垂らしすぎには注意が必要です。
やっぱり、リキッドの成分が焦げ付いてしまって、スペーサーの壁面に少しこびりつきました。
リキッドは、1滴だけ垂らすくらいがいいと思います。

これをたくさん持ち歩けば出かけた先や職場でも簡単に喫煙ができます。
しかもめちゃくちゃ安い!

増税後のゴールデンバージニアは、40gで1,230円です。
1つのスペーサーに詰めるシャグの量は、だいたい0.2gくらい。(もう少し少ないけど)
ということは、1本あたりでいうと、6.15円!

IQOSは20本入りで500円
一本あたりでいうと、25円!

計算では、1/4くらいのコストということになります。
便宜上、1回当たり0.2gとしましたが、実測値ではもう少し少ない量のシャグで済んでいますので、実際には1/5程度になっています。

こんど、25g入りのシャグで、どれだけの弾が作れるか検証してみようかな。
いや、ちょっと待て。
かなり面倒だから、料理用の計量器で測ってみようかな?
気が向いたら厳密に計算してみたいとおもいます。

ついでにというわけでもないのですが、とうとうC-VAPOR3.0を購入してしまいました!(右側)

バッテリーが大きくなったけど、大きさはそこまで変化なし。
一番大きな不満点が解消されたことに期待大。

参考に、2.0の使い方はこちら
>>【ヴェポライザー】C-VAPOR2.0を手間なく使いたい

この時はシャグを巻紙で巻いて、それをカットして持ち運んでいました。
それでもいいけど、持ち運び時の見た目の問題とか、葉っぱが散らばったりすることとかがあり、今回のスペーサー購入へとつながりました。

(持ち運ぶ)フライボックス

ちょうどいい大きさかなーと思ってAmazonでポチっとしたのがこちら。
フライフィッシングの毛ばりを収納するタックル(小物入れ)ですね。
大きさや強度、あと密封性を考え、釣り具関係なら良い小物入れがあるかなーとネット巡回して買っちゃいました。

結論からいうと、失敗です。
参考にならないので、読み飛ばしてください。
でも、失敗だけど頑張ったので、悔しいから記録に残してやろうと思います。

最初はこんな感じです。
毛ばりを刺す用のウレタン?が両面テープで固定されていました。

その両面テープをはがしてしまいます。

はい。
すっきりしました。

このままスペーサーを入れてもガチャガチャうるさいので、低反発ウレタンをホームセンターで購入。

スペーサーが立つように固定したくて、切って貼っていきます。

ところがふたが閉まりづらい!
スペーサーの高さがギリギリということと、丸みを帯びた形状のせいです。
とりあえずウレタンの面取りをして、完成したものがこちら。

スペーサーが18個入りました。
ふたも閉まります。

ケースに収納してみました。

いっぱいいっぱいです。
ギリギリ閉まるのですが、ファスナーがダメになりそう・・・。

吸い終わったものと、まだ吸い終わっていないものを区別したくて、立てて収納・持ち運びができる工夫をしたかったんだけど、無理がありました。

家においておくならいいかなー。
って、本来の目的を果たしていない!

(持ち運ぶ)ブリキスライドケース

せっかく買ったスペーサーを簡単・便利に持ち運びたい。
次に購入したのはブリキのスライドケースです。
詳細仕様:寸法(mm):50×80×15
材質:ブリキ

ポーチに収納するとこんな感じです。
もちろん、ファスナーもちゃんと閉まります。

右上のほうに、電子タバコ用のリキッドと小さなジップロックを収納。
吸い終わったシャグ入りスペーサーは、その小さなジップロックに入れることにしました。
いろいろ解決したものの、難点が一つ。

ガチャガチャうるさい。。。
でも、ポーチに入れて持ち運ぶ分には、まったく問題なし。

紆余曲折ありましたが、こっちにしました。
とりあえず1週間つかってみて、かなりいい感じです。

ヘビースモーカーなら月10,000円の節約もできるヴェポライザー
持ち運びの不便も、ある程度解消できました。

加熱タバコのIQOS、gloも増税されましたね。
確かにコンビニに行けば買えるし、スティック差し替えだけで便利だけど、たばこ税を含め高すぎませんか?

大手企業に搾取されたくない、貧乏人のたわごとかもしれませんが、少しの面倒で月1万円!
私は、子供たちの塾代ねん出のためにも、面倒を引き受けます。(強がり)

いっしょに、ニコチン中毒者を対象にした大手企業の搾取から逃れませんか?