Pocket

IQOSの人、最近多いですよね。
glo、PloomTECHも発売され、三つ巴の戦いが繰り広げられるのでしょうか。

では、コスト面ではどうなのでしょう?
IQOS、gloの使用者に聞いてみると、「ひと箱の値段は変わらないけど、吸う回数が減った」との声が多く聞かれました。しかし、特にIQOSの使用者からは「もう3代目だよ!」など、本体の故障に伴う買い替えが、コスト面の負担となっている現状も見られました。新しいものはかなり改善されているらしいのですが。

使用感や喫味などは他のサイトを見ていただくとして、コスト面で比較したいと思います。

【前提条件】
喫煙本数(回数)は、1日20本(回)

【本体費用】

IQOS glo Ploom TECH
本体価格 9,980円 8,000円 4,000円
キャンペーン価格 6,980円 4,000円 2,000円

IQOSは初回購入時の特典価格、gloは現在キャンペーンをしていません。PloomTECHは2017年9月現在ではキャンペーン価格で購入は可能のようです。

【かかる費用】

IQOS glo Ploom TECH
1箱の価格 460円 420円 460円
1箱あたり本数 20本 20本 カプセル5個/カートリッジ1本
1か月の費用 13,800円 12,600円 13,800円
1年間の費用 167,900円 153,300円 167,900円

IQOSとgloは、普通の紙巻きたばこと同じ感覚で吸っている印象です。
一方、PloomTECHに関しては吸うたびにスイッチが入る仕様ですので、吸い方によってかなりの差が出るようです。
特に、以前は1mmなどの軽いたばこを吸っていたような、ニコチン依存症を患っていない人や、2~3回吸っただけで消してしまう、お金持ち?の人などは、1回の喫煙タイミングでPloomTECHを吸う回数はかなり少ないものと推察されます。
そういった人にとって、PloomTECHはコスパ最強ではないでしょうか。