Pocket

かなり前に購入したPloomTECH互換機、いわゆる電子タバコというもののレビューを今さらながらしたいと思います。
以前から禁煙に傾きかけていたこともあり、2018年4月より本格的に電子タバコに挑戦です。

だって、喫煙者への風当たりが強いんだもの。
手巻きたばこやヴェポライザーは続けていきますが、職場では電子タバコでお茶を濁そうと考えています。

というわけで去年amazonで購入したのはこちら。

出品者は中国の深圳の会社です。
レビューを見ると、初期不良もあるようですが、私は問題なく使えています。

ただ、購入時にお試しで吸ってみて、『手巻きたばこのほうがうまい』という結論に至り、長らく引き出しに眠っていました。
まあ、当たり前です。自他ともに認めるニコチン中毒者ですから。

最近は毎日使っていますが、実使用期間としては2週間程度のレビューとなります。

本体を充電

充電中はLEDが赤く光ります。

充電が完了するまで、およそ30分くらいです。
LEDが緑に変わりました。

こちらは本体となります。つまりバッテリー部分ですね。
この本体から電気を送って、次のアトマイザーが蒸気を生み出してくれます。

アトマイザーの準備

アトマイザーも、amazonで購入しておきました。


カートリッジ式にするか、自分でリキッドを注入する必要のあるアトマイザー式にするか。
大いに悩みましたが、やはり手巻きたばこで培われた『少しでも安く』精神に則り、アトマイザー式を選択しています。

カートリッジ式

例えば、PloomTECH互換機用だとこんな商品があります。

一番大きなメリットといえば、カートリッジ交換式だからリキッドの注入やメンテナンス、コイル交換が一切不要という点です。
このカートリッジで、400回ほど吸えるようです。

PloomTECHのカートリッジは、だいたい5つのたばこカプセルを消費したら交換するようですね。
たばこカプセル1個で50回吸えるので、250回ほどで交換の目安となります。
それを考えると、400回で260円なら、PloomTECHの半額以下!!
でも、ニコチンは入っていないことをお忘れなく。

アトマイザー式

結構面倒なのが、リキッドの注入ですね。
アトマイザーの片方がねじ式になっていて、回して外します。
パッキンがきちんと入っているので、液漏れの対策はバッチリ。
で、リキッドの注入です。

こぼれないように、慎重に。
よほど不器用な人でない限り、こぼしたりしないとは思います。

しっかりとフタを閉めます。

本体とアトマイザーが合体!
普通にねじ式になっているので、くるくる回すだけです。

吸ってみます。
一応、50パフでお知らせ機能は付いています。

こいつのいいところは、PloomTECHと見た目がそんなに変わらず、悪目立ちしないところ。
すいません。小市民で。

ついでに、こんなものも買っておきました。
吸い口に付けるアダプターです。

吸い口が洗えないのって汚くない?って思われないように。
とはいえ、1回1回捨てるのはもったいなくて、何回も使いまわしているから、まったく意味なし!
まあ、PloomTECHにも使えるので、気になる方は購入してみてもいいかもしれません。
ちなみに、amazonで買いました。

まとめ

ニコチン中毒者が、電子タバコで満足できるのか?
ごめんなさい。今は無理です

しかし、会社では、朝と昼食後と帰り際の手巻きたばこ以外は、電子タバコでなんとかなっています。
帰宅後は思いっきりニコチンを摂取していますし。

でも、電子タバコを吸い始めたのであれば、いっそのこと極めてやろうかと思っています。
電子タバコにもいろいろありますし、リキッドもたくさん種類があります。

amazonで適当に買ったものと、きちんとした国内の販売店のものとで、どんな違いがあるのか。
リキッドに健康被害があるのかも含め、国内のアフターフォローにこだわって次の電子タバコは選定してみようかな。
で、今気になっている販売店はこちら。



購入したら、本体のレビューや、リキッドのレビューなどもしていこうと思います。