Pocket

手巻きたばこを吸っていて、『本当に安くなるの?』ってよく聞かれます。
今まで、おおざっぱに計算したところ、メビウスなどの紙巻きたばこと比べて1/3くらいだったので、そう答えていました。

でも、私はいま、システム開発部なるところに所属しています。
システム開発という職業柄でしょうか? 
『実際に計算した結果なんですか?』
『エビデンスはあるんですか?』
とか聞かれました。

ちょーめんどくせー!
細かいことにこだわりすぎでしょ。
とは思いましたが、実際に計測してみることにしました。

シャグ10gで、何本巻けるのか?

専用に購入した電子秤です。
きっちり10gを量りました。

なぜ10gにしたのか・・・。
一袋全部巻いた方が、良い検証になるかなとは思ったけど、いっぱい巻くのは疲れます。
10gにしておいたら、あとで計算するのも楽ですしね。

今回は、アンバーリーフのオリジナルブレンドを使いました。
保存用にチャックも付いた優れもの。
単価はちょっと高いけど。

付属していた巻紙は、papersの50枚入り。

それでは、何本巻けるのか、スタートです。

ちなみに、私はスリムで巻いています。
市販の紙巻きたばこなら、7.8mmくらいです。
スリムは6mmですので、かなり細くなります。

長さは70mmです。
フィルターは15㎜。1.5cmです。

また、巻くときには片方に円筒状の金属(棚ダボ)を使っています。

理由は、
・たばこ葉(シャグ)の節約
・強く巻きすぎて片方がぎゅってつぶれるのを防ぐ
・端を丸めてシャグが散らからないようにする

こんな感じで端をキャンディーみたいにまとめると、シャグが散らからず、ポケットもきれいなまま。
嫁に怒られなくなります。

かなりケチくさい巻き方ですよね?
シャグが少ない分、喫煙時間は少ないのですが、スローバーニングの巻紙を使ったら、そんなに気にならなくなりました。

こうした前提ではありますが、いよいよ何本巻けるか、やってみます。

途中経過①

途中経過②

途中経過③
付属の巻紙50枚がなくなりそう。

結果報告!
なんと、56本も巻けてしまいました。

巻紙50枚って書いてあるけど、もう一度数えてみた結果、やっぱり56本。

ということで、次はきちんと計算をしてみます。

手巻きたばこ1本あたりの値段は?

1本あたりのシャグの価格

まずはシャグの値段から。
以下、すべて税込み金額で記載していきます。

まず、シャグは25g入りで650円でした。
使用したシャグは10gなので、260円となります。

10gシャグ260円で56本巻けたので、一本当たりの価格を出していきます。
そうすると、1本当たりで使用するシャグの価格は 4.64円となりました。

1本あたりの巻紙の価格

今回は、付属の巻紙(ペーパー)を使いましたが、私がいつも使っている”スモーキングのマスター”という巻紙で計算してみます。
いつもネットで、送料無料になるまでまとめ買いをしているので、送料を加味せずに計算していきます。(フィルターも同様)

スモーキングのマスターの価格

2020年3月現在、5枚サービスの65枚入りで税込み100円となっています。
普段は60枚入り100円なので、1枚当たりの価格は1.67円となります。

1本当たりのフィルターの価格

いつも使用しているのはピュア スリム・エクストリームロング・フィルターです。

実はこのフィルター、長さは30mm(3㎝)なんです。
私は節約のため、半分に切って1.5センチにしています。

今は600個入りで1,146円だそうです。
私は半分に切って使うので、1,200個入って1,146円ということになります。
ということで、フィルター1個当たりの価格は0.96円となります。

手巻きたばこ1本当たりの価格

まとめると、

  • シャグが4.64円
  • 巻紙が1.67円
  • フィルターが0.96円

となりました。
合計すると、7.27円となりました。

シャグは単価が高めなアンバーリーフですので、もう少し下げることは可能です。
巻紙も、シャグに付属するものを使えば、もう少し単価は下がります。

まあ、かなりケチった巻き方ですので、参考にはならないかもしれませんが。

まあ、間違いなくコンビニで買えるようなタバコや、IQOS、glo、PloomTECHよりは安いです。
ただし、ヴェポライザーよりは高くつきます。
やっぱり、紙とフィルターを使う分、コスト面ではヴェポライザーに軍配が上がりますね。

ちなみに、紙巻きたばこのメビウスが20本入りで490円です。
手巻きたばこは20本で145.4円です。

コストは1/3以下です。
ほら、正しかったでしょ。

さらに、価格表を作ってみました。

なんと、1年で12万円以上の節約ができています!
10年だったら120万円!

私は手巻きたばこに変えてから6年以上たちますから、70万円くらいは節約しているはずなんだけど、なぜか手元には残っていないんだよなあ。不思議。

嫁と長女の、『タバコなんて吸わなきゃいいじゃん?』っていう言葉は聞こえないふりでやり過ごしています。
だって、唯一の趣味を奪われたくないんだもん。

手巻きたばこにしたら、本当はいくら節約できるのか、この結果を見せて部下を手巻きたばこ仲間に引き入れようと思います。