Pocket

CBDリキッドのレビューです。
日本国内では、かなり流通量が多いらしい、Koiシリーズです。

CBDって大麻成分だけど、ハイになる成分は含んでいないので、国内では健康食品として出回っています。

効果は・・・。
リラックス効果と、不眠症がマシになったって感じ。
単身赴任で家族と離れたことで、ちょっとしんどかったのですが、多少は救われています。

電子タバコのリキッドから知ったCBDですが、飲むCBDオイルや、CBDのグミなんかも購入し、いろいろ試しているところです。
今回は、少し前に購入したCBDリキッド KoiのBLUEについて詳細にレビューしていきます。

Koiとは?

Koi社は2015年、アメリカのカリフォルニアで設立されたそう。
若い会社ですね。

KoiのCBD製品では、cGMP 認定施設で医薬品グレードプロセスで抽出した純度 99% の CBD を使用しているそうです。
cGMP というのは FDA(アメリカ食品医薬品局) が定めた食品品質の基準で、current Good Manufacturing Practice の略称。
現行医薬品適正製造基準(cGMP)ガイドラインは広く使用されており、製品が同じ規格で製造され、ロット全体で、また経時的に同じ性能を示せることを保証するものです。

また、大麻製品であるがゆえに、大麻検査機関での成分チェックも行っています。

アメリカだって、大麻が合法化されたのは一部の州だけです。
だから、大麻成分のうち、危険なTHC(ハイになるやつ)を含まないってことを証明しないとダメなんですね。
ここまで、ちゃんとしているから、日本でも売れているんでしょうね。

Koi ブルーラズベリー&ドラゴンフルーツ味

現在、Koiシリーズには6種類のフレーバーがあります。

  • BLUE:ブルーラズベリー&ドラゴンフルーツ
  • JADE:スイカ&グリーンアップル
  • PINK:ピンクレモネード
  • RED:ストロベリー&ミルクシェーク
  • GOLD:バニラキャラメルカスタード
  • WHITE:ノンフレーバー

私が初めに買ったのは、BLUEです。
理由は、一番売れてそうだから。
小市民です。

何種類か電子タバコは持っていますが、CBDリキッドには爆煙タイプではなく、スティック型やペン型がいいみたい。
気化した成分があふれだすともったいないから、私もペン型の電子タバコで吸ってみます。
ペン型なので、リキッドを入れるのは少し苦労します。

本体(バッテリー部)と合体して吸います。
スーツにさせるよう、クリップ(別売り)付き。

味についての感想ですが、かなりおいしいです。
甘すぎないのがいい。さわやかさもあります。

もともと甘党だということを差し引いても、かなりおすすめできるリキッドだと思います。

CBDのみを抽出しているということで、大麻っぽさというか草っぽさは全く感じませんでした。
フルスペクトラム(大麻成分をしっかり残す製法)が美味しいと思う方には向かないかも。

でも、私のような野菜嫌いで甘党の人間にはピッタリです。
初心者にはお勧めだと思います。

Koiはどこで買ったらお得?

yahooでも楽天でも購入可能です。
Amazonでは買えないようですが、VapeManiaという正規販売店ではAmazonアカウントを使って購入可能です。

特に、VapeMania(ベイプマニア)はCBD関連商品の専門店で、独自ポイントもたまり、ほぼ10%引きくらいで購入可能です。
専門店ならではの商品紹介など、かなり参考になるサイトですので、ぜひ訪問してみてください。
AmazonPAYが使えるので、クレジットカード登録も必要なし!

余談 禁煙できる?

禁煙、できそうです。

いままで電子タバコでは禁煙できないと思っていたのですが、CBDリキッドなら、ちょっと気分が落ち着くんです。
ニコチンの代替品でもないはずなんですけど、実際にタバコを吸う本数が減ってきたんですね。

あと、狭心症かも、って言われました。
ニトロの錠剤を持ち歩いています。

医者曰く、『タバコなんてありえない』そうです。
ニコチンは、血管の収縮などの効果がヤバいらしい。

禁煙できれば、CBDを買う余裕ができる!
喫煙習慣をやめればいいだけなんだけど、唯一ともいえる趣味ですからCBDに助けてもらおうと思っています。