PharmaHempの水溶性CBDリキッド レビュー 味や効き目の評価 売れている理由は?

CBDオイルはたくさんの種類を試していますが、初めてPharmaHempの『水溶性CBDリキッド』というものを買ってみました。

興味を持った理由は、あるCBD専門サイトで堂々の1位を獲得していたから。
そのサイトとはCBDの老舗企業であるPharmaHempの日本法人です。
https://cbdlab.shop-pro.jp/

数あるCBD商品の中で、水溶性CBDがランキングを独占するなんてスゴイ!

みんなが買っているってことは、めっちゃ良い!ってことですよね?
小市民な私は、早速購入して試してみました。

オイルとの比較を中心に、水溶性CBDリキッド(CHILL OUT)の味や効果についての評価・感想を書いていきます。

CBDとは?

大麻から抽出される成分です。
日本で販売されているCBD製品は、精神作用をともなうTHCが含まれていないので、成分的にも法的にも安心。

CBDを摂取することで、カラダの不調を整えたり、心がリラックスしたりという研究結果が出ています。
医療用の大麻なんて言葉をニュースで耳にするくらい、その効果には期待がされているようです。

・基礎知識はこちら

・法的なことを調べた記事はこちら

私の場合は、いきなり単身赴任を言い渡され、子供たちと離ればなれになり、慣れない環境で不眠症になった際に、CBD商品に助けられました

あと、CBDのおかげでニコチン摂取も少なくなりました。つまりほぼ禁煙状態。
コロナのせいで家族から禁煙を強く求められたってこともありますが、CBDがタバコの代わりになりました。

PharmaHempの水溶性CBDとは?

PharmaHempの水溶性CBDの特徴を箇条書きにすると、

  • CBDを乳化コーティングし水に溶けるようにした液体タイプの商品
  • 外出先でCBDを摂取したり、お手持ちの飲料に加えたりと、利便性がある
  • CBDオイルよりも吸収効率が高く体感を得られやすい

私がCBDに出会った頃は、オイルに溶かしたCBD商品が一般的だったと思います。
(知らないだけで、もっと昔からあったのかも?)

しかし、最近は水溶性をうたうCBD商品が増えてきたように思います。
加工技術が進歩したっていうことでしょうか?

PharmaHempの水溶性CBDリキッド

商品のラインナップは、2021年7月現在で4種類。
CHILL OUT(冷静に)
・BE VIBRANT(活気あふれる)
・REVERSE TIME(若返り)
・TAKE THE SPTLIGHT(注目を浴びる)

ちなみに、右の日本語訳については、私が勝手につけたものですので信用しないでください。
たぶんこういうことを言いたいんじゃないかなーって。

私の場合、活力が欲しいというより、落ち着きたい、冷静になりたい、ゆっくり寝たい、リラックスしたい、という思いが強く、CHILLOUT(チルアウト)を選びました。

水溶性CBDリキッドはおいしい?

そのまま飲んだ場合

一応、原液をスポイトで口に垂らしてみました。

甘みと酸味と苦みがあります。
決しておいしいものではないです。
水溶性だからか、ダイレクトに味覚に届く感じ。

サラッとしているので、オイルが苦手な方はいいのかも?
でも、直接口に入れるのなら、私はCBDオイルをおすすめしたいですね。

ドリンクに溶かした場合

商品の説明にもあるように、飲み物に入れてみました。
この商品の本来の使い方ですね。

カフェオレに2滴だけ注入してみました。

味にほとんど変化はありませんでした。
苦さはコーヒーの苦さで消えているのかなあ?
ちょっと甘く感じたのは、柑橘系の香りが入っているからかも。
箱の成分表を見ると、ライム果皮油って書いてありました。

ジンジャーエールに2滴入れてみました。
味に変化がないので、追加で2滴入れてみました。

炭酸のシュワシュワとともに、苦さもごまかされるのか、味の変化はそれほどありません。
相性はめっちゃ良さそうです。

結論。そのまま飲むより、飲み物に溶かした方が美味しい。

水溶性CBDリキッドの効果は?

CBDの効果は、その人のおかれている状況によってかなり変わるそうです。
カンナビノイド受容体がどうとか、科学的なことを書いてあるサイトはありますが、よくわからないので、私がこの水溶性CBDリキッドを飲んでみて感じたことを素直に書いていきます。

そのまま飲んでみた時に感じたのは、カラダが温かくなる感覚がCBDオイルの時より早いってこと。
そのあと、リラックスした気分になります。

同じ日の10時ごろ、カフェオレ(ブレンディ―スティック)にも入れて飲んでみました。
風呂上がりに、温かいカフェオレ。
ちょっと落ち着くんですよ。

いつものリラックスタイムと変わらないルーティーンだということもあり、朝までぐっすり寝ることができました。
CBD関係ない?

CBDオイルに比べて即効性が高いっていうのは実感しました。
効果の継続時間としては、そんなに変わらないと思います。

リラックス効果はあると思います。
ちょっとしたことにイライラしなくなる感じ。

寝付けずイライラしていた1年前の私では考えられないくらい、今は不眠症も改善されました。

まとめ

もともと、タバコを吸っていたので、電子タバコからCBDに興味を持ちました。
しかし、お手軽なCBDオイルやグミの助けもあって、ほぼ禁煙にまでこぎつけました。

CBDオイルの欠点は、おいしくないこと。
とくに、フルスペクトラムの『麻の実を絞りました』的な草っぽいオイルは苦手です。

その点、このPharmaHempの水溶性CBDリキッドなら、おいしくいただけます。

特におすすめなのは、炭酸飲料ですね。
ジンジャーエールはとくにおススメ。
牛乳は、あまりおいしくなかった。カフェオレはまだマシだと思います。

ここぞの集中力が欲しいとき、理不尽な上司にキレてはいけない時などに使えるかなあ?って思うので、会社のデスクに常備することにしました。
ぜひ一度、お試しあれ。