ヴェポライザーでCBDワックスを吸う。CBDリキッドとの違いや使用方法について説明

CBDにかなり慣れてきました。
禁煙とまではいかないけど、少しずつタバコの本数が減っています。

私はヴェポライザーで、たばこ葉(シャグ)を蒸して、その蒸気を吸い込むなんてこともやっています。
いわゆる、高温加熱式の電子タバコです。
iQOSやgloと同じ方式ですが、これらに比べてコストが1/5になるという、最強の喫煙方法!
ヴェポライザーをIQOSと同じように吸いたい

でも、ヴェポライザーってめんどくさい・・・。
『何それ?』って喫煙所で聞かれるのもウザい・・・。

禁煙でもしようかなあーなんて考えていたものの、CBDなるものに出会ってしまいました。
まあ、よく寝れるようになったし、タバコは減ったし、結果オーライなんですけど。

でも、CBD商品にはいろいろな種類があり、最初はかなり戸惑いました。
特に、CBDワックスについては、ちょっと調べる時間が必要でした。

今回は、CBDワックスを電子タバコで吸う方法や、リキッドと何が違うのか、などを書いていこうと思います。

CBDワックスとリキッドの違い

CBDワックスって?

こんなやつです。私が買った2つを並べてみました。
ちなみに、CBDパウダー(粉状)やCBDクリスタル(結晶状)も同じ方法で吸えるようです。

特徴としては、

  • CBD含有率が高く、約60~97%
  • 本来はジェル状で、粘性が高い

っていう感じですかね。
さらさらした液体ではないっていうのが、リキッドとの大きな違いで、吸うための機械も変わってきます(後述)。

CBDリキッドって?

こんなやつ。有名なKoiのCBDリキッドを注入しているところ。

特徴としては、

  • CBD含有量は低め、3~60%くらい
  • ちょっと粘性はあるけど液体

CBD含有量が低いのは、モクモクの主成分であるプロピレングリコールや植物性グリセリンを入れているから。
でも、そのおかげでサラサラではないけど、液体の状態を保っており、とても扱いやすいです。

ヴェポライザーの違いと吸う方法

特に、ジェル状なのか、液体状なのかによって、ヴェポライザーで気化させる仕組みが大きく変わります。

本体(バッテリー部分)は使いまわしができます。
ワックスやリキッドを加熱・気化させる『アトマイザー』を変更してやるのが、一番便利だと思います。

airisのヴェポライザーを私は購入しましたが、510規格というやつです。
airis Doo、airis Quaser、airis Tickといったシリーズはもちろん、他メーカーの510規格のバッテリーにも接続可能なので、複数個は持っておきたい。
なぜかというと、

  • 一つのアトマイザーを使いまわすと味が混ざる
  • 使い続けると焦げ付きなどが心配
  • ケチっていると、体にも悪いらしい

一応、商品リンクを貼っておきます。
購入時には、ワックス用かリキッド用かを再確認しましょう。

本体を購入なら、セット販売がお得です。
CBD商品に関しては正規代理店からの購入がゼッタイにおススメ。
輸入の際に、正規ルートで税関の審査を通したものなので、個人売買よりは絶対に安心だから。
nagomi set

アトマイザーは、安いAmazonで買っちゃいましょう!
こういう小物は、Amazonが一番強い!
消耗品と割り切り、こまめに交換をして、豊かなCBDライフを送りたいものです。

ワックス・パウダー用はこちら

リキッド用はこちら

CBDワックスの場合

ジェル状であったり、気温が低い状態で固体化しているものを気化し、その蒸気を吸うことになります。
こんな仕組みです。

実際に私がとった写真で説明します。
まずは、CBDワックスを吸い口に付いた耳かきみたいなスプーンですくい取ります。

それをアトマイザーに放り込みます。

本体(バッテリー部・mod)と合体します。
電源ボタンを5回クリックで起動し、電源ボタンを押しながら、気化した蒸気を吸い込みます。

吸い終わると、入れたはずのワックスはなくなっています。(当たり前?)

これを繰り返すと、どうしても加熱部に焦げ付きが出てくるのです。
もったいないからと、アトマイザーを使い続けると健康にも悪そうです。

味も落ちてしまいますので、あまりケチらないようにしましょうね。(自戒)

CBDリキッドの場合

ワックスよりはサラサラしているため、加熱・気化の仕組みが異なります。
こんな仕組みです。

また、私が撮影した写真で説明。
ガラスチューブ部にリキッドを充填していきます。

ちなみに、写真を撮りながらの充填で、かなりこぼしてしまいました。
もったいない・・・。
半分くらい入れたところ。

あとは同じように吸い口(トリップチップ)と本体を合体させて吸うだけ。
私の場合、半分ほど充填しておけば、まる一日は余裕で補充せずに過ごせます。

まとめ

使い続けている感想など、まとめてみました。

ワックスタイプのメリット

  • 最終兵器っていうくらい、ガツンとCBD
  • 即効性

ワックスタイプのデメリット

  • 筒状のものに、スプーンで入れる行為がアヤシイ
  • 1回ごとにワックスの補充がめんどくさい

リキッドタイプのメリット

  • 持ち運びが便利、あやしくない
  • リキッドの補充頻度が少ない(1日1回で十分)

リキッドタイプのデメリット

  • ちょっと、効果が弱い
  • 物足りなくなって、吸う回数が増える

※あくまで、個人の感想です。

私の場合、普段の持ち歩きはCBDリキッド。
寝る30分から1時間前にCBDワックスを使用している感じです。

ワックスの場合、ちょっと効きすぎるためです。
気持ちが落ち着くのはいいけど、眠くなってしまうんですよね。

本体は使いまわせますし、時と場合によって使い分けるのがいいと思います。

CBDは雑誌やテレビでも取り上げられ、知名度が上がってきました。
医薬品としても研究が進んだ大麻成分ですが、特にCBDには精神作用がなく、安全だとわかったからでしょう。

タバコを吸ったことがある人や、禁煙したいけどすぐに無理っていう人には、CBDリキッドやワックスはおススメです。
私もかなりタバコの本数が減りました。

タバコを吸ったことがない人は、CBDオイルとかCBDグミなんかの経口摂取(エディブル)がおススメです。

ただ、CBDを購入するなら安全な正規代理店から購入しましょうね。
THCという、精神作用、酩酊作用をもたらす成分が入っていたらヤバいですから。

おススメ販売店のリンクを貼っておきます。

特におすすめはVapeManiaです。
複数のCBDメーカーの正規代理店という安心感。
CBDグミなんかも売っているので、一度訪問してみてはいかがでしょう。
https://www.vapemania.jp